現金化サービス業者一覧を見る!

Amazonギフト券現金化の違法性とリスクについてを解説!

後払い現金化

アマギフ(Amazonギフト券)の現金化、買取は一般的に良く知られていることでもありますが、実際にその手法は違法性があるのか?それともバレたら何かまずいことになるのか?

など疑問点がある方も多いと思います。そこで今回はギフト券の換金について違法性やリスクは本当にあるのか?ということを解説していきたいと思います。

Amazonギフト券の換金は違法?リスクはあるのか?

Amazonギフト券現金化はWEB上だけではなく、買取店舗でも対応しているほどに有名な手法の1つです。しかし、実際に違法だという声やリスクがあるという意見も少なくありません。
それでは以下に調査してみた結果をまとめていきます。

①Amazonギフト券の換金は違法ではない

ギフト券の換金で現金化すること自体は法律的に犯罪ではありません。
結果的に違法性がないので業者自体も問題ありません。

②しかしAmazonの利用規約には違反となる

Amazonでは「Amazonギフト券の換金」について禁止しているような利用規約となっている為、Amazonルールからすると禁止となっているようです。

確率は低いですが、万が一換金目的でのギフト券購入がバレた場合、Amazonの利用が制限される可能性があります。

③クレジットカード会社の利用規約

また、Amazonだけではなくクレジットカード会社に関しても転売・現金化・換金目的での利用を禁止しているため、明細にギフト券だらけの購入が並んだ場合、目をつけられる可能性があり、目的がバレてしまった場合クレジットカードの利用ができなくなるケースが考えられます。

④携帯払いも同様にNG

キャリア決済で購入する場合もクレジットカード同様で、Amazonギフト券だけではなくiTunesカードの購入などでも不審な購入があると携帯自体が強制解約になったり、限度額が低くなったりと少なからずバレてしまうとペナルティが存在します。

結果的にAmazonギフト券(アマギフ)の現金化はリスクが高いのか?

実際に違法性はないギフト券の現金化ですが、実際にサービス提供側が禁止事項としている為、少なくてもリスクがある部分は捨てきれません。

①サービス利用ができなくなる可能性

Amazonだけではなく、ギフト券を購入した際の決済方法によってはクレジットカードまたは携帯決済の利用をストップされてしまうリスクがあります。

現金化を行う際は手元に現金がないことが多いので、上記どちらかの決済方法である可能性が非常に高くなっていますが、換金目的を公認しているサービスではないので、利用制限の対象になってしまう可能性があります。

②解約となるケースもある

クレジットカード、携帯決済どちらでもあり得るのが強制的に解約となってしまう最悪のケースです。クレジットカードは勿論のこと、携帯キャリアで新規契約ができないとなると非常に困りますよね。

基本的に国内キャリア(docomo、au、SoftBank)の信用情報は共有されているので、もしかすると今後キャリアでの契約ができないだけではなく、どのキャリアでも携帯決済の利用が不可能となる可能性があります。

どうしたらバレないように利用することができる?

ではギフト券現金化を行う際に気を付けておかなければいけないことを解説していきます。
もし、現金化を考えているのであれば参考に

①クレジットカードは限度額パンパンまで使わない

クレジットカードを利用してAmazonギフト券を購入する際には、限度額までギフト券を購入することはNGです。

例:100万円ほどのギフト券を購入する、1ヶ月に数十万ギフト券を何度か購入する

上記のような不正利用までもが疑われるような使い方をしていると必ずと言っていいほどに疑われるので、気を付けてください。クレジットカード会社から最悪の場合「詐欺罪」として訴えられるようなケースもあるようなので、利用する場合は敏感に行いましょう。

②携帯決済の場合は継続して何度も購入しない

携帯決済も意外と不正利用がないか管理されているので、1ヶ月に限度額でギフト券を継続して何ヶ月も購入していると怪しまれます。できるだけ、1月開けてみたりすることが必要です。

携帯電話の強制解約は、生活的にもデメリットが大きすぎます。

現金化サービス業者一覧を見る!
後払い現金化
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
後払い現金化サービス関連記事
タイトルとURLをコピーしました