【閉店】ペイング(Paying) 後払い現金化(後払いファクタリング)徹底解説!

ペイング(Paying)のホームページ 後払い現金化

現在ペイング(Paying)の公式HPが閉鎖しているため、廃業していると思われます。

現金化サービス業者一覧を見る!

皆さんは急に大きな出費が重なってしまう経験をしたことはありますか?

そんな時はファクタリングというサービスを使って、現金化を行うことをおすすめします。

本記事では、ペイング(Paying)の後払い現金化(後払いファクタリング)の仕組みや運営会社・メリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

※2021年4月現在は、サイトが閉鎖されておりペイング(Paying) を利用することができません。

ペイング(Paying)の詳細情報

報酬金額 2〜5万円
決済スピード  最短即日
利用条件  給与所得者
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基台帳カード等)
・社会保険証または国民健康保険
・直近3ヶ月分の給料明細
・領収書もしくは経費精算書
在籍確認 あり
提供エリア 全国対応
URL https://paying.co.jp/
現在公式サイトにはアクセスできません。
現金化サービス業者一覧を見る!

ペイング(Paying)で現金化できる仕組みを解説

ペイング(Paying)ではどのような仕組みで現金化をしているのかを解説します。

ペイング(Paying)では、働いている会社の経費精算を立て替えて現金化を行ってくれます。携帯代金や交通費などの領収書を提出して審査に問題がなければ、会社からもらう予定のお金を先に支払ってもらえるというものです。

会社からの経費精算は大体日付が決まっていますので、大きな金額が出て行った時はキツくなる時もあると思いますが、そんな時にはペイング(Paying)の後払い現金化が役に立ちます。

ペイング(Paying)で現金化する申込み方法を解説

ペイング(Paying)の現金化の仕組みがわかったところで、具体的な申し込み方法をご紹介します。

簡単に現金化できるようになっているので、以下で紹介する手順を参考に申し込みを行ってください。

Step1お申し込み

ペイング(Paying)の公式サイト(https://brown-tabby.com/)にアクセスし、申し込みフォームにて、必要な情報を入力して送信をします。

ペイング(Paying)から折り返しの連絡がきますので、質問などに軽く答えて必要書類の提出に進みます。

必要書類は以下の通りです。

・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基台帳カード等)
・社会保険証または国民健康保険
・直近3ヶ月分の給料明細
・領収書もしくは経費精算書

Step2.審査・契約

申し込み内容に基づき所定の審査が行われ、審査に通ると領収書もしくは経費精算書の買取金額が提示されます。

内容に問題がなければ電子契約をします。

Step3.入金

契約後、買取金額が指定の口座に振り込まれます。

Step4.お支払い

指定の期日に買取してもらった分のお金を支払えば契約満了です。

ペイング(Paying)の運営会社情報

運営会社 不明
URL 不明
営業時間 9時30分~18時30分
(土日祝定休)
所在地 不明
電話 0120-897-473
代表者 不明

ペイング(Paying)利用者の口コミ評判 まとめ

今後、ペイング(Paying)のご利用を考えている方の参考になれば幸いです。

ペイング、契約書と振り込み同時にきた

ペイングは給料日じゃなくても大丈夫なんだな。

ペイング昨日から申し込んでてなにも連絡ないけど情報抜きやろ
契約できたの社員やろ

ペイング
今日可決&入金あったので参考までに。

1.45→3
(5万くらいの領収書出したけど、初回はこれが固定とのこと)

審査スピードは結構遅い。

自分は昨日昼に申し込んで、今日15時頃入金。

対応はまとも。高圧的ではない。

対応遅い時はこっちから状況確認のTELしても嫌がる感じではないので、不安な人は問い合わせてみると良いかと思います。

ペイングとアップルラボ両方ともこのスレでは微妙な扱いだけど、
しっかり両方とも入金までいけました

ペイング審査ガバガバ
自分の場合即日で入金されましたよ
ちな、契約社員

ペイング(Paying)を利用するメリットとデメリット

ここでは、ペイング(Paying)を利用するメリットとデメリットを紹介します。

メリット・デメリットの両方を熟知し、ペイング(Paying)の利用を考えている方の参考になればと思います。

ペイング(Paying)を利用するメリット

ペイング(Paying)を利用するメリットは以下の通りです。

メリット①支払日を給料日以外に設定可能

ペイング(Paying)では、支払い期日を給料日以外に設定することが可能です。

給料日直後は他の支払いと重なってきついという人にとっては大きなメリットとなります。

ペイング(Paying)を利用するデメリット

次に、ペイング(Paying)を利用するデメリットを紹介します。

後払い・ツケ払い現金化サービスを受ける際には、デメリットを知っておかなければいけません。

デメリット①希望金額が現金化できるとは限らない

ペイング(Paying)を利用するには、所定の審査がありますので収入状況などによっては、利用はできるものの少し安めの金額が提示されてしまう場合があります。

デメリット②そもそも利用できない時がある

ペイング(Paying)の利用は審査があると先ほども記載しましたが、当然審査があるということが落ちる人がいるということです。

デメリット③対応が遅いとの口コミ多数

口コミにはスタッフの対応が遅いというものが多数ありました。

お急ぎの方にはあまり向いていないかもしれません。

ペイング(Paying)を利用する際の注意点

次に、ペイング(Paying)の後払い・ツケ払い現金化を利用する際の注意点を紹介します。

ペイング(Paying)の手数料は50%と言われており、借入と比較すると非常に高い手数料になりますので、利用前はその点を理解しておきましょう。

ペイング(Paying)に関するQ&A

Q. どのような経費を現金化できますか?
A. お勤めの会社や取引先から支払われる予定の立て替え経費の内、領収書や経費精算書があるものでしたら原則何でもOKです。ご不安な場合はお気軽にお問い合わせください。
Q:給料日返済ですか?
A:支払日は給料日固定ではありません。

まとめ

※2021年4月現在は、サイトが閉鎖されておりペイング(Paying) を利用することができません。

ペイング(Paying)の後払い・ツケ払い現金化(後払いファクタリング)を徹底解説してきました。

ペイング(Paying)は、精算用の領収書を提出する形で現金化を行うことができるとご紹介しました。

ただし、利用を検討する場合は手数料を計算すると借入よりも高いという点を踏まえましょう。

利用の参考にしてみてください!

後払い現金化
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
後払い現金化サービス関連記事
タイトルとURLをコピーしました