SKペイ 後払い現金化(後払いファクタリング)徹底解説!

後払い現金化

友人の結婚式が重なった、急な入院など予期せぬ出費が重なり、次の給料日まで生きていくお金すら足りないかもしれないというピンチになってしまったとき、さまざまな方法で現金を調達することができます。

中でも、後払い現金化という方法では、金融ブラックの方でも利用することができるサービスです。

本記事では、SKペイの後払い現金化(後払いファクタリング)の仕組みや運営会社・メリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

SKペイの詳細情報

報酬金額 2〜3万円
決済スピード  最短15分
利用条件  給与所得者
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基台帳カード等)
・社会保険証または国民健康保険
・銀行口座通帳(直近2ヶ月分)
・給与明細(直近2ヶ月分)
・IDセルフィー
在籍確認 あり
提供エリア 全国対応
URL https://s-k-pay.com/
現金化サービス業者一覧を見る!

SKペイで現金化できる仕組みを解説

SKペイではどのような仕組みで現金化をしているのかを解説します。

SKペイは、買い物代行サービスを展開しており、現金化にあたっては、JCBプレモカードという金券を後払いで購入して、そのカードを買取業者に買い取ってもらい現金化するという流れです。

後払いなので、クレジットカードが不要で手元に現金がなくても利用することができるのが特徴です。

SKペイで現金化する申込み方法を解説

現金化の仕組みがわかったところで、具体的な申し込み方法をご紹介します。

簡単に現金化できるようになっているので、以下で紹介する手順を参考に申し込みを行ってください。

Step1お申し込み

SKペイでは、LINE申し込みとWeb申し込みの2種類の申し込み方法がありますが、今回はWeb申し込みの方法をご紹介します。

まずは公式サイト(https://s-k-pay.com/)にアクセスし、「LINEでお問い合わせ!」というボタンをタップしてLINEの友達追加を行います。

追加後自動メッセージが届くのでそちらの内容に従って申込者情報や勤務先の情報の送信、必要書類の提出などのやりとりを行って申し込みをします。

必要書類は以下の通りです。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基台帳カード等)
  2. 社会保険証または国民健康保険
  3. 銀行口座通帳(直近2ヶ月分)
  4. 給与明細(直近2ヶ月分)
  5. IDセルフィー

在籍確認は利用者によって行われる可能性があるので、不安な方は担当者に問い合わせをすると良いでしょう。

Step2.審査と契約

申し込み内容に基づき所定の審査が行われ、審査に通ると購入できるJCBプレモカードの金額と支払い金額が提示され、問題なければ契約をします。

Step3.JCBプレモカードを受け取り、売却する

契約後JCBプレモカードのコードが送られてくるので、自分で買取業者に売却をすると現金化が完了です。

Step4.お支払い

指定の期日に商品代金を支払ったら、全ての手続きが完了です。

SKペイの運営会社情報

運営会社 WORLDLINE合同会社
URL https://s-k-pay.com/law.html
営業時間 平日10時~18時
所在地 東京都豊島区南大塚2-11-10ミモザビル三階
電話 03-6822-6983
代表者 桑江良貴

SKペイ利用者の口コミ評判 まとめ

SKペイで後払い・ツケ払いを利用して現金化した利用者の口コミ・評判を紹介します。

今後、SKペイのご利用を考えている方の参考になれば幸いです。

SKペイ再契約早い。
3→5のプレモ

SKペイ手数料少し高めだが審査通りやすいぞ

結構早かったですよ。
在籍は基本あるとの事でした。
ちな否決です

SKペイ早くて良かったね

ミニオンは即否決だけどSKペイは行けた。

2の3だよ。
ただJCBプレモ自分で換金しないと行けないから実質1.8かな。

SKペイを利用するメリットとデメリット

ここでは、SKペイを利用するメリットとデメリットを紹介します。

メリット・デメリットの両方を熟知し、SKペイの利用を考えている方の参考になればと思います。

SKペイを利用するメリット

SKペイを利用するメリットは以下の通りです。

メリット①審査が緩い

口コミによると、審査が緩いようで利用できた人が多く見受けられました。

また、再契約もできたということで繰り返し利用したい人にとってこれは大きなメリットです。

SKペイを利用するデメリット

次に、SKペイを利用するデメリットを紹介します。

後払い・ツケ払い現金化サービスを受ける際には、デメリットを知っておかなければいけません。

換金の手間がかかる

SKペイでは、後払いで購入したJCBプレモカードを自分で買取業者に買取の申し込みをして現金化しなくてはなりません。

少し面倒な作業が発生するのでデメリットと言えるでしょう。

そもそも利用できない時がある

SKペイの利用は審査があると先ほども記載しましたが、当然審査があるということが落ちる人がいるということです。

SKペイを利用する際の注意点

次に、SKペイの後払い・ツケ払い現金化を利用する際の注意点を紹介します。

SKペイの手数料は約40%と言われています。他のファクタリングに比べると低い手数料で利用が可能ですが、それでも通常の借り入れに比べるとかなり高めの手数料になりますので、その点を踏まえて利用を検討してください。

また遅れられてくるのは、現金ではなくギフトカードのコードですので自分で換金をしないと現金を手にすることができないという点も注意が必要でしょう。

SKペイに関するQ&A

Q:商品発送はどのくらいかかりますか?
A:商品によって異なりますが、発送まで最短30分です。

 

Q:主婦・アルバイトですが利用できますか?
A:利用可能です。まずはご相談ください。

まとめ

SKペイの後払い・ツケ払い現金化(後払いファクタリング)を徹底解説してきました。

SKペイでは、表向きは買い物代行というサービスですが、実際は金券(JCBプレもカード)による後払い現金化を行なっている業者です。

自分で換金をしなければならないため、手間がかかってしまいますが、審査が緩いとのことなので、他の業者では断られてしまった方にとっては良いかもしれません。

ただし、利用を検討する場合は手数料を計算すると借入よりも高いという点を踏まえましょう。


後払い現金化
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
後払い現金化サービス関連記事
タイトルとURLをコピーしました