Ten+(テンプラス)後払い現金化(後払いファクタリング)徹底解説!

Ten+(テンプラス)後払い現金化(後払いファクタリング)徹底解説!のアイキャッチ画像 後払い現金化

今すぐお金がほしいけど、金融ブラックや他社では借入を断られてしまってどうすればいいか分からない方がいるのではないでしょうか?

そんな即金が欲しくて、借入場所がないという方は、後払い・ツケ払いができる現金化サービスを利用することをおすすめします。

このようなサービスを提供している業者は数多くありますが、その中でもSNSで壁紙を宣伝するだけで現金を受け取れる『Ten+(テンプラス)の後払い現金化(後払いファクタリング)』はいかがでしょうか。

そこで本記事では、Ten+(テンプラス)の後払い現金化(後払いファクタリング)の仕組みや運営会社・メリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

Ten+(テンプラス)の詳細情報

報酬金額 1万円〜2万円
決済スピード 最短即日
利用条件 ・給与所得者
・契約社員
・アルバイト
必要書類 ・公的身分証明証
(免許・住民カードなど)
・社会保険または国民健康保険証
・直近2ヶ月分の給料振込通帳
口座履歴(無くても要相談)
在籍確認 なし
提供エリア 全国対応
URL https://ten-plus.net/
現金化サービス業者一覧を見る!

Ten+(テンプラス)で現金化できる仕組みを解説

Ten+(テンプラス)で現金化できる仕組みを解説の画像

テンプラスは、テンプラスクリエイトチームが専属カメラマンに撮影をした風景などのフォトグラフを壁紙などのデジタルコンテンツとして販売するサービスを行っています。

テンプラスが販売している壁紙を後払いで購入し、Twitterなどで『リツイート』して宣伝することで、即日宣伝協力金として現金を受け取ることができるという仕組みです。

Twitter以外にも「Instagram」「LINE」「Facebook」などSNSアカウントなら何でもOKで、次回購入時に利用できるポイントも付与されます。

金融ブラックでもお金が必要な方や今月の生活費が危うい方など、基本的に給与所得者であればどんな方でも利用できます。

Ten+(テンプラス)で現金化する申込み方法を解説

Ten+(テンプラス)で現金化する申込み方法を解説の画像

ここでは、テンプラスで現金化する申し込み方法を紹介します。

4ステップで簡単に現金化できるようになっているので、以下で紹介する手順を参考に申し込みを行ってください。

Step1.『Ten+ Wall Paper公式LINE』を友達追加する

まず、「Ten+(テンプラス)のホームページ」にアクセスします。

アクセスできたら、サイト上部にある『Ten+ Wall Paper LINEでお申し込み』のボタンまたはサイト下部にある『LINEで会員登録』のボタンをタップし、Ten+ Wall Paper公式LINEを友達追加します。

友達追加してトーク画面を開くと後払い・ツケ払いの説明が記載されたメッセージが送られてきます。

Step2.必要書類を提出する

Step1でLINEのトーク画面を開くと、「氏名」「住所」「勤務先情報」などを聞かれるので的確に答えましょう。

次に、テンプラスに提出する必要書類が要求されるので、画像を添付して送ります。

▼テンプラスに提出する必要書類▼

・顔写真付きの身分証明証(免許・住民カードなど)
・保険証
・直近の振込明細
・給与振込通帳

審査の際は、基本的に在籍確認は行われないようです。

Step3.壁紙を後払い購入しSNSで宣伝を行う

Step2で行われた審査が無事通過したら、SNSでリツイート等の宣伝を行います。

宣伝すると「宣伝協力金」が振り込まれます。

Step4.期日までに壁紙の後払い購入代金をTen+(テンプラス)に支払う

SNSで宣伝して現金化できたら、後は支払い期日までに壁紙を購入した代金をテンプラスに支払えば完了です。

Ten+(テンプラス)の運営会社情報

運営会社 株式会社G-App
URL http://g-app.co.jp/
営業時間 月〜土曜日 9時〜19時
所在地 〒101-0064
東京都千代田区神田猿楽町2-7-11 -5階
電話 0120-346-192
代表者 細川 直樹

Ten+(テンプラス)利用者の口コミ評判 まとめ

テンプラスで後払いを利用して現金化した利用者の口コミ・評判を紹介します。

今後テンプラスのご利用を考えている方の参考になれば幸いです。

テンプラ早かったよ。

電話の人も丁重だったし
自分は20000の35000返しだけど
次回も使いたいと思う。

ただ署名してから入金までが
ほんとされるか不安だ
また入金されたら報告する

通帳 免許証か保険証
ただそこは相談すれば
かなり融通きかせてくれる。

振込きました。
契約サインから振込まで約1時間半
やりとり早ければ半日かな。
忙しい時もあるだろうから
多少前後するけど返事早かった。
融通がかなりきくので
1度相談しては?

テンプラス昼に申し込み今振込
早かったし在確もなかったし
LINEと5分電話だけで
対応も丁寧だけど頭悪そうだった
高校生と喋ってるみたいな感じ
額は手元1万の返し2万しか
でなかった
もう使わないな

結局テンプラ契約まではできたけど
送金いつになることやら。

すでに一時間半

電話も済。
契約書交わし済み。

今ラインでどーなってんのって
送ったら「広告会社からの支払いと
なりますので、もうしばらく
お待ちいただければと思います。」
だそうですよ

ラインで送った内容の確認と
今回いくらのものならいいですよ
的なやつ。

私はファクタリングと後払いすでに
利用してるって書いちゃったから
最低のやつしか無理だったけどね

テンプラまじで遅すぎ

テンプラス、契約書に
サインしてから5日ぐらい
経ってるけど振込なし。

今日対応します、明日対応しますと
言ってくるけどこっちから
連絡しないと放置してくる
クソ会社

通帳履歴はいる、ボートだらけの
俺出してるけど何も
言われたことないから大丈夫。

Ten+(テンプラス)を利用するメリットとデメリット

ここでは、テンプラスを利用するメリットとデメリットを紹介します。

メリット・デメリットの両方を熟知し、テンプラスの利用を考えている方の参考になればと思います。

Ten+(テンプラス)を利用するメリット

テンプラスを利用するメリットは以下の通りです。

SNSで宣伝をするだけでOK

テンプラスで報酬を受け取るためには、テンプラスが提供している壁紙を購入し、Twitterなどでリツイートして宣伝するだけで宣伝協力金が振り込まれます。

他のファクタリングにあるような、商品を買取業者に売却するなどの手間がないので初心者でも始めやすいという特徴があります。

在籍確認がない

テンプラスは基本在籍確認がありません。

ただ、電話で5分程度のヒアリングがあるようですが、ヒアリングの内容はLINEで送られた内容の再確認のようなものなので安心してください。

Ten+(テンプラス)を利用するデメリット

次に、テンプラスを利用するデメリットを紹介します。

後払い・ツケ払い現金化サービスを受ける際には、デメリットも知っておかなければいけません。

デメリットを熟知してから、テンプラスの利用を考えてみてください。

対応が遅い場合がある

5chに、「対応が遅い」とレビューしている方が見受けられました。

ただ、「土曜日だけど対応が早くて助かった」というようなレビューをしている方もいるので場合によっては対応が遅れる可能性があるのかもしれません。

Ten+(テンプラス)を利用する際の注意点

次に、テンプラスの後払い・ツケ払い現金化を利用する際の注意点を紹介します。

手数料を計算すると借入よりも高い

テンプラスの後払い・ツケ払いの手数料は『約75~100%』で非常に高い手数料が取られてしまいます。

貸出金額の枠が1~2万ほどで、「1万円借りたら2万円返す」「2万円借りたら3.5万円返す」というように、高い手数料が取られるので注意が必要です。

Ten+(テンプラス)に関するQ&A

 

Q:初めてでよく分からないので、相談だけでも可能ですか?
A:勿論、相談は無料です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

Q:会員登録はどのように行うのでしょうか?
A:スタッフがヒアリング情報と書類を元に会員登録を行います。

 

Q:ツケ払いは誰でも利用できますか?
A:はい。可能です。原則、与信審査が通ればご利用頂けます。

 

Q:返品は出来ますか?
A:デジタルコンテンツの特性上、返品は不可能であるため、購入確定後のキャンセル・返金についてはお受けできません。

まとめ

Ten+(テンプラス)の後払い・ツケ払い現金化(後払いファクタリング)を徹底解説してきました。

テンプラスでは、テンプラスクリエイトチームが専属カメラマンに依頼した風景などのフォトグラフを壁紙などのデジタルコンテンツとして販売するサービスを行っています。

テンプラスの後払い・ツケ払いを利用するためには、この壁紙を購入し、TwitterなどのSNSでリツイート等を使って宣伝することで、即日宣伝協力金として現金を受け取れます。

SNSで宣伝するだけなので楽に現金化できますが、手数料が『約75~100%』と非常に高いので利用する際は注意が必要です。

後払い現金化
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
後払い現金化サービス関連記事
タイトルとURLをコピーしました