手っ取り早くスマホを買取に出して金欠を乗り切る方法を解説!

未分類

中古スマホ、フリマ、オークションなど、近年は特に中古スマホ市場も大きくなってきていることから、レンタルビデオ店舗でも販売しているような世の中になってきました。
また、街中を歩いていると「スマホ修理」や「スマホ買取」という看板などが非常に目に入ります。

今回はそんなスマホを買取に出すことで、一時的な金欠を凌ぐ策、現金化する方法を解説していきたいと思います。

スマホを売る・買取に出す手段

スマホを売ったことのある人であれば慣れているかと思いますが、今まで売ったことも買取に出したこともない!という人であれば、

ここで断言できるのは「自身で販売する方が高い」ということですが、買取に出す場合にも価格以外のメリットがあるので、

①専門店で買取をしてもらう

まず考えるのは専門店で買取してもらうことです。販売まで行っているお店であれば、再販することが前提で買い取ってくれるので、買い取れないということが0に近いというのがメリット。

基本的にどんなスマホであってもタブレットであってもガジェットであれば買取をしてくれることでしょう。

・イオシス(https://iosys.co.jp/
・じゃんぱら(https://www.janpara.co.jp/

王道なところでいうと上記の2社が非常に大きめな会社となっています。全国展開しているので、都内だけではなく地方であっても店舗を探せば見つかることでしょう。

また、こういった専門店では中古スマホの状態をランク分けしており、以下のように

・新品
・新古品
・中古A〜C
・ジャンク

大きく分けて4パターンほどの区別がされています、新品であれば違う買取業社であってもズレて数千円程度ですが、中古ランクでは万円単位で価格が変動するので傷の具合によります。

また、ジャンクといって何かしらの障害があるスマホ(画面割れや電源がつかない)に関しても買取してもらえますが、良くて数千円、最新の機種であっても5分の1程度の価格での買取となることが多いです。

ガラケーも買取可能な業者が多い

こういった専門業社は、今ではあまりみなくなったガラケーなどもまとめて買い取ってくれるので、もし自宅に眠っているガラケーがあればスマホを一緒に買取に出すことで、買取価格UPになる可能性も高いでしょう!

注意:ネットワーク利用制限は重要

携帯キャリアでスマホ・iPhoneなどの端末を分割で購入してれば完済するまでネットワーク利用制限は△という評価になっています。

これは、もし代金を支払わなくなった場合、端末にSIMカードを入れても通信できなくなるようにロックする可能性がある。という評価なので、買取業社からするとある程度のリスクになっているわけです。

なので高額買取を望んでいるのであれば、端末を一括で購入しているか、iPhoneであればアップルストアなどで購入したSIMフリーiPhoneであれば制限はありません。

メリット・デメリットはこれ

メリット
→直ぐに買取可能で即日で現金が手に入る
→面倒な梱包作業などはなくてOK

デメリット
→店舗まで足を運ぶ必要がある
→自分で販売するよりかは金額が安い

②フリマで販売する

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

・高く販売したい
・手間がかかってもいい

という人であれば、断然フリマアプリをおすすめします。特にメルカリであれば利用者も多いこともそうですが、スマホの需要が非常に高い!と言えるでしょう。

最新機種または昨年モデルのiPhone・スマホであれば即日〜1週間以内には自分が定めた許容範囲内の金額で販売することができるはずです。

③オークションで販売する

ヤフオク!

ヤフオク!
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

フリマアプリと同様に国内オークション最大級のヤフオクでも同様にスマホの需要は高くなっています。特に業社なども販売に利用していることから、フリマよりもスムーズに取引ができるという点と、販売期日を自身で定められるという点が魅力となっています。

いくらでもいいから売り切りたい!という人へのおすすめは1円スタートで出品することで、注目を集め、結果的に希望額範囲内の金額で売るという方法です。

スマホを売る時に高く売れる方法とは?

スマホをできるだけ高く買取に出したいと考えている人は「付属品」が完備されている、いわゆる「完備品」であるかどうかという部分が重要です。

スマホ本体が傷ついていても、付属品があるだけで価格は全く異なります。

・箱
・説明書
・充電器または充電コード

絶対失敗しないための 「iPhoneの売り方」まとめ。:https://k-tai-iosys.com/campaign/reprice2.php

iPhoneは価格が安定しているので買取業者であれば差額がない

iPhoneは販売する際に、購入した時とそれほど変わらない金額で売れるという価格安定があります。特に新品と中古での価格差も低く、綺麗な中古品であれば新品と1万円ほどしか変わらない金額で販売できたりするほどです。

もし、最新のiPhoneを買ってしまったけど前の機種で十分だな、それなら現金の方がありがたい。なんて思っている方は上記のどの売り方であれ、そこそこの現金化をすることができるでしょう!

未分類
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
タイトルとURLをコピーしました