後払い現金化で使われる「飛ばし(トバシ)」という意味とは?

未分類

後払い現金化業者も、当サイトでご紹介しているだけでもかなり業者数が存在しています。特に最近も新しくオープンしている業者を含めると様々な口コミやコメントが5chやネット上に広がってきています。

その中でよく使われる「飛ばし」という言葉ですが、その飛ばしということはよく人がいなくなる(逃げる)などで使われる飛んだという言葉と同じ意味です。今回は後払い現金化の「飛ばし(トバシ)」についてご紹介していきます。

後払い現金化で言う「飛ばし」は「支払い飛ばし」のこと

金融機関を利用することができないといった金融ブラックの方が多いのも後払い現金化が人気な理由の1つとなっていることは間違いありません。金融ブラックになる主な理由としては

・クレジットカードの支払いを踏み倒した
・消費者金融からの借入を踏み倒した
・携帯電話会社の支払いを踏み倒した

などが挙げられます。踏み倒すと言うことは、信用情報に傷がつくということになります。
結果的に、クレジットカードが作れなくなったり、消費者金融やローンの利用及び携帯電話会社との契約が不可能になります。

この踏み倒しという表現こそが「飛ぶ」という表現と全く同じく、逃げたということです。金融でいうところの飛ばしという表現は支払いを逃げたと解釈していいでしょう。

66名無しさん@お腹いっぱい。2021/11/21(日) 15:39:02.42ID:9mv4LX+Tp
クイーンってAPB系でしょ?
飛ばしてるから無理だな
上記のように5chなどでコメントしている「飛ばしている」など全て同様の意味に当てはまります。

後払い現金化はファクタリングとは異なり商品ベースの契約なので飛ばしはNG

後払い現金化は「商品を購入」が前提とした契約であり、現金報酬もその商品に対するレビューなどで受け取ることができる仕組みになっているので、ファクタリングとは異なります。(ここを勘違いしている人が多い)

結果的に後払い現金化は合法的なサービスであり、現在に至り違法で捕まった業者などは存在しません。このことからも、飛ぶということは商品を盗んで逃げただけではなく、現金までもを盗んで逃げたということになります。

業者が未払いで訴える可能性もなくはない

上記のことからも、現状合法的なサービスとして運営されている為、小額であっても業者から訴えられるという可能性は十分に考えられます。

特に様々な業者の支払いを飛んでいるという人に関しては気をつけたほうがいいでしょう。少なくとも個人情報などを提出していることに変わりはありません。

もし、系列が同じ業者で何度も飛ばしを繰り返し、審査が通らなくなったから違う系列でも同じことを繰り返す。などと言ったことを繰り返していると、いつか業者同士で信用データを共有した際に

「ウチもこれだけやられている」「一緒に訴えましょうか」

などというようなことになりかねません。

飛ばすと業者とモメるだけではなく、別費用もかかってくる可能性がある

もし業者から訴えられた際に考えられるのは、自分自身で対応できるのかどうか?というところです。大抵仕事をされている方が多いと思うので、全てを自分自身で解決することは非常に困難だと言えるでしょう。特に法律に関してや交渉なども当人同士でやり取りすることは不可能になってきます。

弁護士費用がかかってくる

裁判になった際には、弁護士に相談、依頼が必要になってきます。特に相手側が悪い悪くない関係なく以下の費用は最低限かかってくると思っておいていいでしょう。
(飛ばしていなければこのようなことが起きないので、このケースでは飛ばしている本人が悪い)

・相談料金:1時間約5,000円〜
・着手金:約5万円〜
・成功報酬:約30%〜

後払い現金化で数万円単位の現金欲しさにしている利用者からすると、物凄い出費になってきます。着手金は約5万円〜と記載していますが、ケースによっては10万円以上かかることや、示談交渉などが長引いた場合にはもっと費用がかかってくる可能性もあります。

飛ばすリスクを考えるならしっかりと商品代金を支払うが安心

後払い現金化は1社あたり数百万円を現金化することができるようなサービスではないので、このようなリスクを考えるのであれば、しっかりと期日までに商品代金を支払った方が得でしょう。

もし、何社も飛ばしているようなのであれば、業者に連絡をとり返済方法を相談し、少しずつでも返していくような交渉をするだけでも違います。

未分類
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
タイトルとURLをコピーしました