金融ブラックでも借りれる「公的融資制度」の活用方法とは?

未分類

自分ではわかっていなくても、知らない間に信用情報に傷がつき、金融ブラックになってしまっている人も少なくありません。

特に金融ブラックに確実になっている人は以下に当てはまっている人が多いことでしょう

・クレジットカードの未払いが続き結果的に踏み倒している人
・携帯電話代金を踏み倒している人
・消費者金融からの借入を踏み倒している人

しかし、そんな金融ブラックであっても国からお金を借りることができる制度が存在するのはご存知でしょうか?そんなバカな!?と思うかもしれませんが、日本では見捨てられたと思っていても、実は融資活用できる裏ワザのようなものが存在するんです。

今回は、国の制度で活用することができる融資制度をご紹介していきます。

金融ブラックでも借りることができる「公的融資制度」

日本政策金融公庫:https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/

金融ブラックなど関係なく融資を受けられる「公的融資制度」は国や自治体からお金を借りることができる制度となっています。

公的融資制度一覧 対象者
生活福祉資金貸付制度 低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯
求職者支援資金融資制度 失業者または仕事を探している人
母子父子寡婦福祉資金貸付 未成年の子供を扶養している配偶者のいない人
年金担保貸付 年金だけでは生活が難しい人
緊急小口資金貸付 生活費の維持が緊急に困難となった人
教育一般貸付 子供の入学金・留学金などを必要としている保護者
看護師等修学資金 学費を支払いたい看護師等養成施設学生

上記が公的融資制度の中のカテゴリとなっています。基本的に「緊急小口貸金貸付」以外はある一定度、特殊な場合に受けることができる制度となっていることが分かります。

生活福祉貸金貸付制度などはある一定度の審査があるので、誰でも利用することができるとは一概に言えません。

融資ということは手数料/金利などはかかるのか?

融資といえば通常であれば当たり前に金利がかかってくると考えることでしょう。しかし、この公的融資制度というカテゴリに入っている融資制度に関しては

・無利子
・年1.5%

などの超低金利もしくは無利子で借りることができるものなので、本当にお金がなくても返済する際の負担や不安は全くないと思っていいでしょう!

生活に困っているのであれば「生活福祉資金貸付制度」?

生活福祉資金貸付制度は、失業により無職になってしまった場合や、次の仕事に関する勉学や技術の取得を行いたい人でも利用できる制度となっています。

①就労に向けて住宅費用(家賃)に困っている場合
②就職に必要な技能を習得したい場合
③生活の立て直しをしなければならない場合

などの理由でも受けることができる誰にでも適応される優しい制度となっています。

①就労に向けて住宅費用(家賃)に困っている場合

家を借りる際にかかってくる「仲介手数料」や「敷金・礼金」といった初期費用が必要な場合「40万円以内」であれば制度を使って借りることが可能です。

②就職に必要な技能を習得したい場合

生活費だけでは絶対に足りないと判断できる場合、次の仕事の為に技術をつけるという理由でも「60万円以内」であれば制度を利用して借りることが可能です。

③生活の立て直しをしなければならない場合

最低限の生活をする為に食費や衣類、住宅ローンなどで生活ができなくならないよう立て直す為に制度を活用することができます。

2人以上の世帯「20万円以内」単身世帯「15万円以内」となっています。

一番早いのは「緊急小口資金貸付」で借りること?

とにかく早急かつ緊急ですぐにお金を借りたいという人におすすめできるのが「緊急小口資金貸付」です。現在コロナ禍ということもあり、収入が減少していれば誰でも申請することができる制度です。

申し込み方法などの詳細:https://www.arcobaleno.net/retail-loan

特に以下に当てはまるような人であれば申し込みが可能となっています。

・病気になってしまった
・生活費が足りなくなってしまった
・失業してしまった
・事業がうまくいかなかった
・家賃や公共料金などの滞納がある

兎に角緊急で借りることを考えているのであれば、最短1週間で借りることができるこの制度を利用するのがおすすめでしょう。

上限額は10万円」となっているので、他の制度と比較すると低額ではありますが、無利子で借りることができるので、非常に楽な気持ちで借りることができる唯一の制度といっても過言ではないでしょう。

その他制度の上限額は?

その他は少々当てはまる人が限られてきてしまう制度が多くなっていますが、最大で上限額が580万円という制度も用意があるので、以下を参考にしてみて下さい。

福祉資金は最大「580万円」

介護や障害サービスを受けることが必要である
福祉用具の購入に必要である
病気の治療費や療養中の生活が困難である

教育支援費(状況によって金額が変動)

基本的に学校に就学するために必要な費用のことです。

高校「月3.5万円以まで」
高専「月6万円まで」
短大「月6万円まで」
大学「月6.5万円まで」

その他にも教育関連では「就学支度金費」として「50万円まで」入学金や必要教材を購入する為に借りることも可能となっています。

未分類
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
タイトルとURLをコピーしました