現金化サービス業者一覧を見る!

WAON(ワオン)の残高を活用して現金化する手法を解説!

後払い現金化

現在ではキャッシュレスやポイントの制度も非常に高くなってきていることから、日々の買い物の際に利用するプリペイドカードへ事前にチャージしておくなんてことも多くあります。

今回はその中でもイオングループで利用されることの多い「WAON(ワオン)」を活用した残高の現金化方法からサービスの概要まで解説していきたいと思います!

現金化サービス業者一覧を見る!

WAON(ワオン)はこんなサービス

WOAN(ワオン)公式HP:https://www.waon.net/

知らない人の方が少ないと言っても過言ではないWAON(ワオン)カードですが、実際に利用しているユーザーは特に主婦の方が多い傾向にあります。それもそのはず、WAON(ワオン)はイオングループが提供している電子マネーであり、実際に利用されることが一番多い店舗はイオンやイオン系のスーパーです。

またプリペイド式のカードとなっている為、事前にチャージしておく必要があり一度チャージした残高を引き出すということはできなくなっています。

また、WAON(ワオン)が愛用されている理由としては、200円につき1ポイント貯まる仕組みとなっており、1ポイントは1電子マネーとして利用することができるので、200円につき1円貯まるという仕組みになっているという解釈になります。

日々スーパーなどで利用することができるので、こういった細かいポイントもバカにできません!

WAON(ワオン)のチャージ方法の種類は?

WAONでは様々なチャージ方法が用意されており、その中から事前にWAON(ワオン)にチャージしておくことが可能です。

①現金チャージ

・イオンまたはミニストップのレジ
・イオン銀行ATM

上記のように現金チャージはイオン系列の店舗またはイオン銀行のATM(セブンイレブンのATMでnanacoがチャージできるように)でのチャージができる。

②クレカチャージ

WAON一体型のイオンカードなどのクレジットカードも現在提供されており、有名なものだと三井住友のクレジットなどがある。基本的にWAON(ワオン)マークが付いていればOKです。以下のスポットでチャージすることが可能です。

・WAONステーション
・イオン銀行ATM
・WAONネットステーション
・モバイルWAON(アプリ)

③イオン銀行普通預金口座チャージ

イオンは銀行もやっているので、イオン銀行のカードを持っている人であれば銀行口座からのチャージも可能です。以下のスポットでチャージすることが可能です。

・イオン銀行ATM
・WAONネットステーション

④オートチャージ(お得なチャージ方法No.1)

・WAONカードプラス
・イオンカード(WAON一体型)

WAON(ワオン)ではオートチャージといって、残高が〇〇円になると自動チャージしてくれるといった機能を使うことができるカードも存在します。(上記のカード)

このチャージ方法の場合、支払いだけではなくオートチャージ利用の際にも200円につき1ポイント貯まるので非常にお得です。

⑤ポイントチャージ

WAON(ワオン)の決済で貯まっているポイントをチャージすることで現金と同様にチャージすることが可能です。

カード型、アプリ型の2種類で提供されている電子決済サービス

・カード型
・アプリ型

また、支払い方法ではQRコード、コード払いは勿論のこと、電子決済が可能なスマートフォンの場合はEdyやSuicaで支払うことができるので、全ての支払い方法に対応しているPAYサービスとなっており、これはPaypayなどと比較しても優位なサービスだといえるでしょう!

・カード型(イオン系列のスーパー・コンビニで手に入る)

・アプリ型↓以下からダウンロード

WAONステーション

WAONステーション
開発元:イオンクレジットサービス株式会社
無料
posted withアプリーチ

iOS、Androidどちらにも対応しています。ただ、Androidスマートフォンの場合、フェリカチップが入っていないと電子決済することができないので、注意してください。いわゆるおさいふケータイが使えるかどうか?という部分が重要です。

現金化サービス業者一覧を見る!

WAON(ワオン)チャージ後の残高を現金化する方法とは?

WAON(ワオン)はプリペイド式のチャージ型決済サービスです。その為、一度チャージした現金を引き出すといったことは不可能です。

しかし、チャージし過ぎてしまった、または金欠でこの残高を使って現金を手に入れたいという人も多くいることでしょう。なので、以下で残高を強制的に現金化する方法をご紹介していきます。

①WAON(ワオン)で商品を購入し返品する

①残高の入ったWAON(ワオン)で商品を購入する
②後日(翌日)など1週間以内にレシート持参して返品しに行く

というシンプルな返品で現金化する方法。しかし、ここでは少し気をつけなければいけないことがあります。

①返品するときはWAON(ワオン)カードを持参しない
→持参するとカードへ返金されてしまう可能性があります。もし持っていても今日は忘れた。と嘘をつきましょう

②必ず1週間以上はかけない
→返品期限は基本的に1週間以内となっているので気をつけましょう

③商品を多数購入しない
→返品する際に理由が必要になるので、複数商品の購入であれば1つ1つに理由が必要となってしまうので、怪しまれてしまいます。

②Amazonギフトカード、iTunesカードを購入する

WAON(ワオン)は現金扱いなのでAmazonギフトカード、iTunesカードを購入することが可能です。イオン系列のコンビニなどで販売されています。

①WAON(ワオン)でAmazonギフトカード、iTunesカードを購入する
②買取業者へ転売する
③現金化が完了

WAON(ワオン)は実質的に現金化することが可能

困っていた残高の現金化も様々な手法で現金化することができるので、チャージの心配も少なくなることでしょう。しかし、どうしてもそのままの金額を現金化する方法としては返品する。という方法しかないので、何度も返品していると怪しまれたり、その店舗で買い物をしづらくなったりもするのでなるべく気をつけてチャージしておきましょう!

まとめ

イオン系列のグループを利用するのであれば絶対に作っておいて損はないWAON(ワオン)。
ただ返品で現金化する際に全額ポイント決済だった場合の対処はどうなるかわかりませんが、基本的には返品現金化をおすすめします。

・残高現金化の方法は限られている
・イオン系列の利用が多い人にはおすすめなサービス

現金化サービス業者一覧を見る!
後払い現金化
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
後払い現金化サービス関連記事
タイトルとURLをコピーしました