現金化サービス業者一覧を見る!

クレジットカード現金化、給料ファクタリング、後払い現金化の比較・違いを解説!

後払い現金化

様々な現金化方法がある中で、ユーザー需要が高い「クレジットカード現金化」「給料ファクタリング」「後払い・ツケ払い現金化」の3種類が挙げられます。

どれもニーズに合った現金化サービスではあるものの、何が違うのか?という疑問を持っている人の為にも、今回は比較や違いを解説していきたいと思います。

まずはそれぞれのサービス特徴を解説

3大現金化サービスと言っても過言ではない「クレジットカード現金化」「給料ファクタリング」「後払い・ツケ払い現金化」ですが、それぞれに特徴があり、利用できるユーザー、利用する用途によって異なってくるので以下で自分がどのサービスに合っているのか確認してみて下さい。

①クレジットカード現金化

クレジットカード現金化では、その名の通りクレジットカードを持っている人のみが利用できるサービスであり、プリペイドカードなどの利用は不可能です。

・クレジットのキャッシング枠ではなく「ショッピング枠」を現金化するサービス
・即日現金化・即日入金可能
・借り入れではなく現金化なので手数料のみで利用できる
・金融ブラックでも利用可能
・審査はない

②給料ファクタリング

その名の通り給料の前借サービスであり、先に業者から給料から手数料を差し引かれた現金が即日で入金されるお助けサービスの1つです。

・給料を先に受け取ることができる
・即日入金が可能
・借り入れではないので手数料のみで利用できる
・金融ブラックでも利用可能

③後払い・ツケ払い現金化

今一番流行っているのがこの後払い・ツケ払い現金化サービスです。
業者から商品を購入後、その商品に対してのレビューを行うことで、報酬として現金が手に入るという仕組みのサービスであり、商品代金は後日支払うように設定されているので、現時点で現金がない人でも後で商品代金を支払うことで成立しているサービスです。

・即日で入金(最短5分程度)
・レビューは超簡単
・金融ブラックでも利用可能
・商品は2次利用できる

それぞれのサービスを比較表で見てみる

クレジットカード現金化 給料ファクタリング 後払い現金化
入金スピード ◎最短即日 ◎最短即日 ◎最短即日
審査スピード ◎審査なし ○数分〜1時間程度 ○数分〜1時間程度
審査基準 ◎自分名義のカードであればOK ○働いていることを証明(給与明細2ヶ月分) ○働いていることを証明(給与明細2ヶ月分)
金融ブラック利用 ◎可能 ◎可能 ◎可能
作業・申し込み ◎簡単 ○簡単だが項目多い ○簡単だが項目多い
必要書類量 ◎本人確認のみ ○本人確認+証明 ○本人確認+証明
金額幅 ◎限度額なし(クレカ限度額まで) 〜20万円程度 〜10万円程度
難易度

上記の通り、それぞれに必要な書類や金額幅は異なるものの、どのサービスに関しても簡易に利用できるだけではなく「即日入金」が可能となっていることが分かります。

クレジットカードを持っているという敷居が高い分、多少クレジットカード現金化が優っているのは間違いありませんが、給料ファクタリングと後払い・ツケ払い現金化に関しては大体同じようなメリットとなっています。

給料ファクタリング、後払い・ツケ払い現金化どちらにも言えることは働いている証明ができなければ利用が困難だということです。借り入れではないサービスであることからも、しっかりと返済能力があるかどうかという視点については金融機関・消費者金融と同じく、担当者の審査視点になるので、しっかりと給料明細を最大でも2ヶ月分提出できる状態にしておく必要があります。

個人的におすすめなのは併用してリスク分散すること

同じサービスを利用し続けるメリットとしては、業者からの印象が向上し、金額などにも融通が聞くようになってくれば、非常に便利です。

ですが、1つのサービスに固執しすぎると、そのサービス自体が終了した時に、また現金化の方法を考えなくてはいけなくなるので、ある程度の利用を考えているのであれば、平均的に別々のサービスを利用することで、自分が活用できる手法・バリエーションを豊富にしておくことがおすすめです!

現金化サービス業者一覧を見る!
後払い現金化
金欠で困ったときに即日現金化できる!サービス・会社・業者の情報!
後払い現金化サービス関連記事
タイトルとURLをコピーしました